ほくろをスムーズに治療する【失敗とは無縁の治療を受ける】

がんの恐れもあります

鏡を見る婦人

保険適用か否かの確認を

最近の芸能ニュースで、女優の宮沢りえさんのほくろが無くなっていたと報道されていました。また過去には同じ女優の沢口靖子さんも、同様にほくろを除去されています。除去されたことは真剣にテレビなどを見入ることで解るのですが、除去されたことでスッキリとした顔立ちになったようです。綺麗な女優さんでも、顔などにほくろがあることが邪魔になると考えるのでしょう。体に悪い影響を与えるものでないことが多く、そのままにしておいても良いのですが、与える印象を考えて除去したものと思われます。ほくろも付いている場所によっては嫌われることがない場合があります。例えば、目の周囲に出来るものをなきぼくろと呼び、色気があるなどの表現が使われます。しかしこのようなことは特殊な例と言って良く、多くの場合は無い方が良いと考える人が多いのでしょう。多くの場合は、美を意識したことから治療することが多くなるのですが、皮膚ガンの恐れもあると知っておくべきです。原因はハッキリしたものではありませんが、紫外線の影響とか外部から受ける刺激によって出来るほくろには注意が必要となります。毛が生えて来たり、形が丸くなく歪んでいるとか6センチ以上の大きさになった時には、病院へ行き検査を受けることが良い方法です。これらの治療には、美を意識したものとガンを防ぐ目的が主なものと考えられます。ほくろ治療を行う場合、保険診療が適用されるものと自由診療となってしまう二通りがあります。費用を少しでも安く抑えたいと考えるのは当然のことで、保険適用の治療を選びたいとなるはずです。ですが除去を希望する場合には条件があり、条件を満たすことが必要になります。簡単に考えると、美容目的での除去を希望する時には自由診療となり、ガンなどの悪性のものを除去する時には保険が適用になると言うことです。医師の判断によって決められることが多く、まずは皮膚科へ行き相談をすることが良い方法と思われます。ガンでなくとも、肥大化傾向にあるとか形状が普通ではないなど、生活をする場合において不便さを感じる場合でも治療が可能になっています。また除去の方法によって保険が効かない場合もあります。メス切除縫合やくりぬき、高周波メス・電気メス切除などでの除去では保険適用になりますが、炭酸ガスレーザー治療では、保険対象外となっています。治療費用については、保険適用となった場合で2万円から3万円程度と言われ、保険適用外では4万円から5万円程度が相場と言われています。病院によって費用の違いがありますので、ほくろ除去を受ける前のカウンセリングで確認することが良いでしょう。除去後の傷跡が心配と言う人は、自由診療となる美容外科を選ぶことも一つの方法になります。